山楽山学クラブ7月例会<恐羅漢山・旧羅漢山>

    No Comments

    【日程】2020年7月18日

    【行程】牛小屋高原8:00—9:10分岐点—9:20恐羅漢山山頂9:30—10:00旧羅漢山10:10—10:35カマノキビレ10:40—11:30ジョシノキビレ12:10—13:40カマノキビレ13:50—15:50羅漢山16:00—17:00夏焼のキビレ—17:30牛小屋高原(A班)

    【参加者】15名

    【登山概況】 例会担当リーダー

    日々天候が変化し、当初の予定通り実施できるか不安であった。また、最近の豪雨で登山道も荒れていると予想され、念のため一週間前に友人を誘って同じルートを歩いてみた。旧羅漢山からジョシノキビレまでは快適に歩けた。ジョシ谷に踏み込むと微かな踏み跡は有るが倒木、斜面の崩れ等があり亀井谷出合までかなり時間がかかった。このルートは例会には使えないことが分かった。例会当日は、天候に恵まれ15名の参加の為、2パーティに分け、それぞれにリーダー、サブリーダーを配置し別行動とした。行程として立山尾根を登りジョシノキビレで引き返し夏焼のキビレ経由で牛小屋高原に戻るルートとした。天候は曇りあったが、立山尾根の急登は体力の消耗激しく、熱中症を気遣い、休憩を多くとりながら登った。立山尾根を登りきると良く整備されたと登山道で快適にブナを楽しみながらジョシノキビレまで歩けた。午後天候が悪化するとの情報もあり、雷注意報が発令されており、早めの行動を心がけた。後続パーティが少し遅れ心配したが、特に問題なく下山してきた。下山後、記念撮影を行い散会とした。

    <感想>

    7月に入り想定を超えた大雨が続き、例会予定日の天気も不安定と予報されていましたが、当日は穏かな天気に恵まれ心地よい山行となりました。旧羅漢山からカマのキビレ→ジョシのキビレまでの道は山稜会の方々がササ刈りをされたお蔭で歩きやすく整備されており、ご苦労に感謝しながら歩かせて頂きました。(キビレというのは、峠を意味する芸北、石見の方言のようです)前日までの悪天候の影響で行程通りの山行は断念し、ジョシのキビレから折り返して旧恐羅漢山に戻る行程となりました。ヒグラシでしょうか?蝉の鳴き声に夏を感じながらも、程よい日差しと涼やかな風に恵まれ、多少の悪路や高低差にも気に留めず進んでいたのですが、

    自分たちの班は長時間の山行の疲れから次第にペースが下がり、夏焼のキビレ辺りからかなりの遅れとなりました。先行の班の方たちには随分お待たせしご迷惑をおかけしました。約9時間に及ぶ山行でしたが、全員怪我も無く終えることができ楽しい行程でした。みなさま、本当にお疲れさまでした。次回も宜しくお願いします。

    Categories: 山楽山学クラブ

    コメントを残す