第2山行委員会3月例会(大崩山)

【目的】九州の初春 花崗岩峰と渡渉の安全登山
【日程】2017年3月18日(土)~3月20日(月)
【行程】18日 広島==大崩山キャンプ場
    19日 大崩山キャンプ場–大崩山荘–(湧塚コース)–大崩山–(坊主コース)–大崩山荘—大崩山キャンプ場
    20日 大崩山キャンプ場==広島
【参加者】落合和夫、本谷智寿子、金行拓郎、阿部勝俊、平川八千代、山本光男、栗栖多佳子、円石利恵子

【登山概況】(落合 和夫)
 18日の予定を一部変更し、上祝子川キャンプ場に進出。我々の他にもテントが4張。19日、早朝出発。登山口には、すでに数台駐車中。この時期、祝子川の水量は一年のうちで最も少なく、湧塚分岐の渡渉は容易であった。登山道には多数の梯子やロープがあり、通過に時間がかかるが、下勇毅途中勇毅の眺望は絶景であった。仲勇毅から上勇毅展望台までは凍って滑りやすく慎重に通過する。大崩山から坊主尾根の下山道も梯子とロープが多く時間を要した。11時間の登山であったが充実した山行であった。下山後の上祝子美人の湯は癒しの温泉であった。
【感想】
 薄氷等の岩稜歩きを想定してアイゼンを用意していたが、良いお天気で象岩のトラバースは難なく渡れた。(林間部一部凍ったところがあったが慎重に歩いた。)途中偵察隊と本隊が離れた時があったのは反省である。ロープ、ハシゴが連続する緊張感のある九州屈指の岩の山であったが、CLのリードも良く安全に歩けた。目の前に広がる岩峰群に圧倒、感動した山行だった。沢も遡行してみたいもの。(円石利恵子)
 今回の例会では、前回の例会のコースを逆に歩きました。後半にハシゴの連続でした。久しぶりの例会参加の岩稜の山 大崩山はスリルたっぷりの山でした。これでもかと言うほどの食急坂の梯子とロープが続きワクワクドキドキを満喫しました。緊張感の中疲れた足で歩く為には、トレーニングが必要。体力不足をヒシヒシと感じました。(金行拓郎)
登山道が凍っていて怖さが増したのか前回のルートのほうが歩き易かったとさえ思いました。メンバーの皆様の助けにより今回も怪我なく山行を終えることができました。本当にありがとうございました。また次回ご一緒できることを願っております。                                                   (本谷智津子)
 大崩山は岩稜帯の絶景の山と言うイメージがあり、湧塚を登り坊主尾根を降る代表的なコースを歩くことから今回の参加を申し込みました。久しぶりに岩場を歩くことから事前に天応アイゼン尾根を往復し参加しましたが、予想以上のタフなコースでした。当日は絶好の山行日よりの下、落合CLの誘導により凍結箇所や多くのロープ・梯子を心地良い緊張感を持って歩くことが出来き、充実した一日となりました。今回、中・上湧塚上へは立てませんでしたが、様々な形態の登山道を体験しながら岩稜の絶景も見ることができ、とても良い山行でした。何時かまた訪れることができたらと思います。この度の山行は、全てにおいて皆様に大変お世話になりました。楽しく気持ちよい山行をさせていただきありがとうございました。(山本光男)
 3月の例会山行で宮崎県の大崩山に登った。多くの梯子とロープを使い多少のハラハラ、ドキドキを感じながら大きくて美しい岩山をいくつも眺める事が出来た。普段眠っている五感と手足を目一杯使っての楽しい登山でした。(平川千代子)
 初めての大崩山山行でしたが天候に恵まれて楽しく登らせていただきました。袖ダキの展望所までは距離も短くて歩きやすい山道でした。上湧塚までの巻道は随所にロープや梯子があり所々残雪が凍って危険なところがありましたが慎重に歩いたために怪我なく通過できました。下山の小積ダキコースはロープ、象岩のワイヤー、梯子が多くて緊張の連続でした。日ごろから岩稜
歩きの訓練をやっておかないと事故の元になると思いました。危険個所通過の山行の場合は事前に訓練をして参加させることが事故防止につながると思います。(阿部 勝俊)
 3月の大崩山の計画では凍結と徒渉を心配しましたが、降水量が少ない時期であることから徒渉は問題なし。その代り大崩山山荘裏の水場には水が流れていませんでした。北側斜面には凍結している場所が所々あり念の為軽アイゼンの装備をしていきましたが使うまでの状況ではなく、岩場以外で緊張感が湧いた場面でした。山頂手前には残雪があり雪を名残惜しく踏みしめて歩きました。クライミングの要素を必要とする山だけに梯子とロープに時間を要しました。昼の時間帯の車の移動だったことリーダーの判断でキャンプ場に変更し怪我なく楽しい山行になったことは何よりです。(栗栖 多佳子)

【コースタイム】
3/18 呉 6:00―下松 7:20 8:00ー大崩キャンプ場 14:30
3/19 大崩キャンプ場 5:15―大崩山登山口 5:30 5:40-7 大崩山荘  6:20 6:30―湧塚分岐点 7:00―避難岩       屋7:35 7:45―袖ダキ8:45 8:55―下湧塚9:30 9:40―岩場分岐(巻き道)10:30 10:40ー坊主尾根分岐     10:50 10:55―大崩山山頂11:40 12:10―坊主尾根分岐(上)12:35-坊主尾根分岐(下)13:05 13:10―
小積ダキ 13:25 13:40-カニの横這い14:15-象岩14:25-坊主岩14:50-上祝子林道分岐 15:20 15:30 渡渉終了地点 16:00 16:05―大崩山荘16:10 16:15 ―大崩山登山口16:45 16:50―キャンプ場17:0
3/20 キャンプ場 8:00 ―広島 14:30

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • アーカイブ

  • カテゴリー