第3山行委員会3月例会<仙丈ケ岳>

【目的】冬山を楽しむ
【日程】2017年3月17日~3月20日
【行程】3/17 広島=
    3/18 =戸台―北沢峠 長衛小屋TC
    3/19 長衛小屋TC-仙丈ケ岳―長衛小屋TC
    3/20 長衛小屋TC-戸台=広島

【参加者】小田里子,上田辰治,佐藤弘,若槻直美,豊田哲,荻田純代

【登山概要】
 3/18 未明に駒ケ根SA着。車内は寒く仮眠も十分出来ない。朝食を済ませ、戸台の河川敷駐車場に着く。すでに20台の車があった。我々も身仕度をして右岸を遡る。水深5cmから20cmの川を数回渡渉するのにストックが有効だ。八丁坂までの河川の前半は右岸を、後半は左岸を歩く。左岸は日当たりが悪く氷雪の道となり、滑り易い箇所を避けながら歩く。八丁坂の積雪は数cm。道は氷となり、アイゼンを着ける。長い河川歩き後の標高差250mの急登。その後長い緩やかな登りとなったが、疲れが出る。北沢峠から長衛小屋キャンプ場までが長く感じる。結局ワカンを使う事は無かった。小屋に近い側にテント設営。小屋のトイレが利用でき、紙も備え付けてあった。水は川から取れた。6人用テントに6人なので、装備の片付けが重要。寝不足と、長い歩きと明朝が早い事から、早々に夕食を済ませ18時には就寝。
 3/19 快晴。雪は良く締まりアイゼンが良く効く。北沢峠トイレ脇から尾根に取り付く。初め急登だがやがて緩やかな登りが長く続く。再び樹林帯の急登が6合目まで続き大滝の頭。荻田さんが体調不良の懸念。樹林帯で危険が無い事から一人で下山。樹林帯過ぎると風が強く風力10m位。時折十数m。小仙丈ケ岳からの眺めは360度。気持ち良い稜線歩きに差し掛かった頃、小田は昨日からの疲れが足に痙攣の予感。一歩の不調が間違いを起こしてはいけないと、小仙丈ケ岳の雪洞で一人待機を決めたが、佐藤さんが同行すると言い下山する事に。元気で力がある3人が山頂に向かう。
(小仙丈ヶ岳山頂での小休止後、メンバー2名と別れ、3名で仙丈ヶ岳をめざすことになった。)
ここからは尾根上に連続する小ピークを次々と越えていった。人気の山とあって登山者も多くトレースがしっかりついている。アイゼンがよく効き、思った以上に歩きやすい。無雪期のコースタイムとほぼ同じペースで進むことができた。ただし、遮るものがない稜線を吹き抜ける風は冷たく、時折、雪煙が舞い上がるほどの勢いだ。小仙丈ヶ岳から延びる細尾根では、強風にあおられ体のバランスをくずさないよう、慎重に歩を進めた。それ以降は、主に薮沢側をトラバースする安定したトレイルだった。しかし、いよいよ仙丈ヶ岳山頂が目前に迫ったところで、再び細尾根にさしかかった。わずか2~3mだが、岩が露出し、足場が靴幅程度しかない。少し緊張しながら慎重に足を運んだ。この日の雪質は柔らかかったので滑落の危険は少なかったが、もしクラストしていれば通過に難渋しただろう。3名全員が無事に仙丈ヶ岳山頂に到着。360度の大展望を満喫し、往路を引き返した。息絶え絶えに登った急斜面も、快調に下り、あっという間にテント場へ戻ることができた。
 3/20 今日も快晴。放射冷却でアイゼンが良く効く。八丁坂の氷の坂も何事無く降り、丹渓山荘下でアイゼンを外し長い河川敷を下る。仙流荘の湯につかり、高遠で蕎麦を頂き、無事に例会を終える事が出来た。
今回は小仙丈岳までしか行けず、自他共に我が体力の減衰を認める山行だった。
【感想】(上田)
山行10日前からの天気予報をチェック。18日から20日は天気は良好で3000m辺りの風は風速10m前後予報ある。今回の天気は最高で雨男を返上出来た気がする。戸台の駐車場から河原を進み八丁坂から北沢峠へのル-トは初めてある。登山道は所々、氷り滑りやすいためアイゼンを装着し北沢峠には、14時前テン場に付いた。時間も早いせいかテントの数も少ないが夕方になるとテントの数も増えている。今日は皆、寝不足のため速い就寝。雪も締まりアイゼンが良く効くが大滝頭への登りは、夏でも「キツイ」が雪道のトレ-スはほぼ直登状態である。1時間程度登った辺りで一人「しんどい」と言ってリタイヤ!!(距離も短くトレ-スもしっかりしているため一人で下山)樹林帯を抜けると天気予報どおり風が強い。風が治まると天気がいいため暖かい。小仙丈ケ岳で足にケイレンが来そうなため一人リタイヤ!!一人付き添って下山となる。3名で仙丈ケ岳に登ることとなる。小仙丈ケ岳から仙丈ケ岳までのUp・Downは強風との戦いである。安全のためロ-プ等を持参したが、一部岩が出ているが雪がしっかり付いているため問題なく通過出来た。山頂は風が強いため登山者の数も少ない。我々も早々に下山開始。下りは樹林帯に入ってから雪が緩んでおり蟻地獄を歩くような感じで歩きテント場に着き皆と会うとホットする。参加者全員で登頂出来なかったのが残念だ。登山は体調管理と体力維持が必要だとつくづく思う。 
【感想】(若槻)    
私にとって初めての南アルプスでした。真っ白な女王様は神々しく、その美しさに感動しました。積雪期に3000m峰の仙丈ヶ岳に挑戦できた喜びと達成感でいっぱいです。強風に手袋を飛ばされたり、知らずに雪庇近くを歩いたりと失敗を重ねましたが、よい勉強になりました。ご一緒くださったみなさま、ありがとうございました!  

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • アーカイブ

  • カテゴリー