山楽山学クラブ4月例会<笠戸アルプス>

    No Comments

    【日程】2021年4月17日

    【行程】国民宿舎大成駐車場集合9:00===深浦駐車場:30—尻高山登山口9:55—1:30尻高山10:35—高壺山11:30—1:50砲台山12:00—1:35小深浦山13:15—14:00江の浦山—14:30白浜山1:50—15:15尾郷バス停===1:45国民宿舎大成

    【参加者】15名

    【登山概況】 

    「島の景観を楽しみながら里山縦走」をテーマに今回、西側の深浦から時計反対回りに(スカイ5号)~象ノ肩分かれ~(スカイ4号)~地蔵峠堂~(スカイ3号)~白浜駐車場~(スカイ2号の途中)~尾郷バス停留所付近まで10km、5時間程度のコースを計画した。

    前日午後から降り出した雨は午前中まで降ったり止んだりだったが、砲台山を過ぎた辺りから木漏れ日が差して来た。ガスがかかっていたせいもあり、ここまで展望が全くなかったが江の浦山で初めて海が見えた。低山ながら尻高山・高壺山・白浜山への登り下りは急坂で、全体アップダウンがあり歩行訓練になった。また雨の日で下り坂には気を使ったせいか、下りが多く感じたとの声を複数聞いた。

    何より全員揃って無事に完歩出来てよかった。

     

    【感想】 

    以前から行ってみたかった笠戸島アルプスを縦走する機会に恵まれました。

    当日は早朝からの降雨で山行が危ぶまれましたが次第に雨も上がって尻高山から白浜山までを縦走することができました。

    登山道からの眺望がきかなかった事は残念でしたが、トレランコースにもなっている登山道は、雨上がりの霧の中で幻想的な雰囲気となり、皆さんも清々しい気持ちで山歩きを楽しむことができたものと思います。

    橋を渡った瞬間にゆっくりと時間が流れる笠戸島。素晴らしい島での山行でした。

    Categories: 山楽山学クラブ

    コメントを残す