山楽山学クラブ11月例会<ダイヤモンドトレイル>

    No Comments

    【日程】2020年11月21日~2020年11月23日

    【行程】11/21 屯鶴峯駐車場8:20—8:30ダイヤモンドトレイル起点8:40—10:10二上山10:20—12:00平石峠12:10—15:45大和葛城山—16:00国民宿舎葛城高原ロッジ

        11/22 国民宿舎葛城ロッジ7:40—11:20金剛山葛木神社—11:50ちはや園地休憩所12:15—13:30高谷山—14:00神福山—15:30タンボ山—17:40紀伊見荘

        11/23 紀伊見荘7:40—11:00五ツ辻—11:50岩湧山—13:45岩湧山登山口—15:40施福寺16:30—17:00槇尾山観光センター

    【参加者】9名

    【登山概況】 例会担当リーダー

    今回は、関西でも健脚向きで知られる、屯鶴峯から葛城山・金剛山・岩湧山・施福寺までアップダウンを繰り返しながら結ぶ総延長45kmの「ダイヤモンドトレイル」を2泊3日で縦走しました。

    スタート地点での出発時間と参加メンバーの年齢を考え「紀伊見荘」での前泊で計画しました。

    登山道は良く整備された尾根道ですが、事前に聞いていた通りの丸木の木階段を登っては下っての繰り返しが延々と続き 途中にはやっと登ったかと思ったらまた同じ位の登りが前に現れる箇所も何か所もありましたが、全員途中で休む事もなく登られ、山頂から見える明石大橋、神戸六甲山地、大阪の中心部の高層ビル群、関西空港等の景色は素敵なご褒美でした。特に岩湧山山頂の雄大なカヤトの草原からの景色は最高でした。

     

     

    【感想】 

    行けども、行けども階段の続くダイヤモンドトレイル。特に初日の大和葛城山への階段は、足の短い私にとっては、苦労の連続でした。2日目も超急な階段を黙々と水越峠まで下り、次の金剛山を目指します。この辺りからは、だんだんと階段にも慣れて余裕を持って歩けるようになりました。この日は距離も長く、一番の頑張りどころでしたが、先頭の人の良いペースに皆が合わせ、メンバー全員で一体感を感じながら歩き通す事が出来ました。そして最終日、岩湧山山頂からの素晴らしい絶景に皆で感動しました。良いメンバーに恵まれてとても楽しく3日間の山行を終えることが出来ました。皆さんに感謝です。

    とんづる峯入口
    神楽で有名な 大和葛城山 山頂
    ダイヤモンドトレイル起点
    Categories: 山楽山学クラブ

    コメントを残す