山楽山学クラブ3月例会<大万木山>

    No Comments

    【日程】2020年3月15日

    【行程】布野道の駅8:30==9:00門坂谷駐車場9:20—9:30滝見分岐—10:20地蔵尊展望台—11:10大万木山山頂—11:15タコブナ—11:40山頂避難小屋12:10—13:10門坂谷駐車場

    【参加者】12名

    【登山概況】 例会担当リーダー

     計画当初は雪山山行の予定だったが、暖冬のせいでほとんど雪をあきらめていた。前日の天気予報では15日の午後から荒れ模様で積雪するだろうと予測していた。ところが門坂谷駐車場にはすでに3cmほどの積雪がある。ワカンは不要だが、雪のせいで滑りやすく鎖の岩場がある権現コースは危険と判断し、滝見コースをピストンすることにした。

     慎重に足を進めていく中積雪量はどんどん増え、山頂では30cmほどもあった。思いがけない雪山山行となり、ついつい笑顔になってしまう。時に風が強く寒く感じることもあったが、下山時には風もやみ、登山口に雪は残っていなかった。

     今回は権現コースを楽しみにしていた方もおり、残念かつ物足りなかったかもしれない。

    【感想】

    ・春の芽吹き摘みのつもりが,一夜で雪山となった。

     木々の白綿は,梅か雪か区別がつかない。

     山頂はたっぷりの積雪があった。

     タコブナは何もなかったかのように,堂々とした風格で私達を迎えてくれた。

     展望台からは等検境,毛無山,鯛の巣山,猿政山が見える。次には,歩いてみたい。

     小屋に入って昼食を取ったが,寒い,寒い。今年最後の冬山をかみしめた。

     帰りは,頓原道の駅に併設の「大しめなわ創作館」大しめ縄作りを見学。

     帰宅し,GETしたフキノトウで味噌を作り,地元の刺身こんにゃくにつけて春の味を楽しんだ。

     

    ・今年の1月から3月の例会は、雪が少なく雪山装備は、無しで良いと安易な考えで現地にいきました。

    しかし前日の冷え込みで雪景色。軽アイゼンも持っておらず リーダーの賢明な判断でルート変更。 

    安心して登ることが出来ました。前回の例会(三嶺)と同じ失敗をしてしまいました。次年度からは、冬季軽アイゼンを携帯と反省しきりです。

    冷たい風のなかを 仲間と歩けてとても心地よかったです。久しく登っていなかった大万木山 避難小屋が

    新しくなり床が板張りになっていたことにビックリ。参加の皆さま ありがとうございました。

                  

    Categories: 山楽山学クラブ

    コメントを残す