山楽山学クラブ5月例会<国見岳・五勇山・烏帽子岳縦走>

    No Comments

    【日程】2019年5月11日~2019年5月13日

    【行程】

    5/11 宮島SA8:00==16:50渓流キャンプ場

    5/12 渓流キャンプ場5:50==6:15烏帽子岳登山口6:25—6:45国見岳新登山口—9:20国見岳9:40—10:15小国見岳10:25—11:20五勇山11:45—13:00烏帽子岳13:15—14:50烏帽子岳登山口==15:25民宿

    5/13 民宿8:00===18:00宮島SA

    【参加者】14名

    【登山概況】

     昨年度の市房山に引き続き、今回は九州の秘境、山岳遺産に指定されている国見岳から九州の脊梁を縦走した。天候にも恵まれシャクナゲ、山芍薬に癒され快適な山旅となった。国見岳の登り辛く、3時間の行程だったが、登山道沿いに咲く草花に励まされ頂上に立った。頂上からの眺望は素晴らしく、昨年登った市房山を確認することができた。五勇山にかけての稜線歩きは、5月の風に吹かれ、たあい無い話に花が咲き誇り、

    気が付けば五勇山の頂上に到着していた。五勇山の山頂は樹林帯に覆われ展望もなく、昼食を早々にすませ、烏帽子岳への縦走路に足を踏み入れた。縦走路は気持ちのいい稜線歩きで、天候も良く、絶景を楽しめた。烏帽子岳からはひたすら急坂を下るばかりで、さすがに皆、無口になり、静かな下山となった。

     山楽山岳クラブの活動も1年がたち、パーティーの足並みもそろい、メンバーへの気遣いもあり、自立した集団と感じた。円石さん、横井さんに先頭を快適なペースで歩いて頂き、リーダーとして最後尾を少し離れて歩き、静かな稜線歩きを楽しんだ。

     また、地元の人とも触れ合うことができ、心に残る山旅となった。次回は、烏帽子岳~白鳥山周辺を、山芍薬が咲くころ訪れてみたい。パーティーの皆さん有難うございました。

    【登山感想】

     熊本県で一番高い国見岳の頂上からはどんな景色が見えるのだろうかと,期待を持って登り始めました。登山開始いきなりの急登は少しきつかったです。しかし急登を過ぎるとなだらかな登りになり,新緑のブナの葉やその大きさに圧倒されながら気持ちよく進みました。

     国見岳の頂上からは,昨年の11月に登った市房山や九州山地の山々がぐるりと見渡せました。小国見岳,五勇山,烏帽子岳への登山道もアップダウンが少なく歩きやすかったです。

     シャクヤク,ミヤマツツジ,山シャクナゲ,オオカメノキなどが続き気分を高揚させてくれました。烏帽子岳を通過し1428m地点から烏帽子岳登山口までの急坂は,慎重に歩きました。

     広島からの長距離,標高高く道幅の狭い登山口近くまでの運転をしてくださった皆様,ありがとうございました。安全第一に登ることや,山への知識などまた新しく教えて頂きました。

    Categories: 山楽山学クラブ

    コメントを残す