山楽山学クラブ1月例会<三瓶山>

    No Comments

    【日程】2019年1月19日~20169年1月20日

    【行程】

    1/19 西の原登山口10:35—11:00西の原登山道—13:20分岐(扇沢わかれ)—13:25男三瓶山頂13:30—13:40山頂小屋

    1/20 山頂小屋8:00—10:30西の原登山口—10:40西の原駐車場

    【参加者】9名

    【登山概況】

    三瓶山グルリ(一周)は積雪期に許された、格好のトレーニング場と認識している。

    力が揃い、スノーシューやワカンでスムーズに登下降出来るメンバーであれば、西の原を朝出て夕方には帰りつけるコースであるが、今回は敢えて山頂避難小屋を使用し、距離の短縮を図った。

    前日には、犬戻しのポイントに50mザイルをFIXし、雪壁のトラバースからの滑落に備えた。が、しかし前夜からの雨で雪壁はぐずぐず、安全第一で縦走を諦めた。

    雪山での軽量化は必然で、歩行スピードが遅い人ほど、要らない物を詰めているように思えた。また、必要なピッケルを持参しない方もおられた。

    まあ、一つ一つの山行をしつかりと重ね、雪の上を歩くということにまずは慣れるしかないかな。

    【感想】

    久しぶりの三瓶の小屋泊楽しく過ごさせていただきました。

    積雪については物足りない感がありましたけど回数重ねるごとに雪に慣れていただければそれで正解だと思います。今年に入ってからの雪山は比較的楽な雪山経験ですが積雪の多い経験も重ねていきたいと思います。なんといっても下山後の温泉と蕎麦ですべてがシャンシャンで終わりましたね。

    又よろしくお願いします。

    久しぶりの雪山山行でしたので歩けるか心配でした。思ったように途中で足がつり皆様に迷惑をかけてしまいました。
    三瓶山の避難小屋での山談議とても楽しかったです。
    もっとトレーニングをしないといけないと反省しきりです。
    これからも山に登りたいと思わせてくれた山行でした。
    同行して下さった皆様ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願い致します。

    数年振りのフル装備雪山泊。雪は少なく男三瓶までツボ足で登れた。天気も良く景色も爽快だった。

    避難小屋は他に泊る者もおらず我々の貸切状態。銀シート、備え付けの毛布を敷き詰め快適であった。

    一番の難所、犬戻しは到着後フックスロープを張ってもらったが、翌朝確認すると雨で雪の状態が悪くなっていたので通過は取り止め、往路を帰る事とした。残念ながら宿泊道具以外の装備は使用する事なく下山となった。

    しかし荷物の要・不要等確認できたと思う。皆歳はとっていくので、現在の体力確認し、少しでも維持できるよう努力したいものです。幸い色んな機会が設けられているので、自分を知って経験を重ねましょう。

    ぐるり一周出来なかったですが、皆さん雪山頂上泊満足されていたと思います。

    Categories: 山楽山学クラブ

    コメントを残す