山楽山学クラブ6月例会<那岐山>

    No Comments

    【日程】2018年6月16日~2018年6月17日

    【行程】

    6/16 14:00ウッドパーク声ヶ乢

    6/17 声ヶ乢登山口5:50—7:30展望所7:35—8:00爪ヶ城跡—8:15広戸仙8:30—9:20ふるさとコース分岐9:30—10:35滝山10:55—12:45那岐山-12:55–13:10蛇淵コース—15:20第2駐車場

    【参加者】16名

    【登山概況】

    計画では、まず那岐山に登り避難小屋で宿泊し、翌日声ヶ乢へ縦走する予定だったが、車を回した時、素敵な東屋を見つけ、そこで宿泊し、翌日逆縦走をすることとなった。梅雨の時期ではあったが、両日とも快晴に恵まれ、涼しい風に吹かれながらの縦走は、快適で最高の山旅となった。また、前日の東屋での宿泊は、美味しいすき焼き、夏の星空、楽しい語らいで、忘れられぬ一夜となった。

    【感想】

    よい天候に恵まれた2日間だった。宿泊場所が声ケ乢登山口の東屋に変更されたことで、1日目の時間にゆとりが生まれた。早朝の冷え込み対策の衣服追加やツエルト設置の実際は、今後の山行の装備を改めて考えるよい機会となった。また、満天の星を見ながらシュラフに潜り込む体験は初めてで新鮮だった。

    2日目の歩行距離がのびたが、展望を楽しみながらの縦走は疲れを忘れるほどだった。尾根で吹く風は快適で、時折肌寒く感じた。ネジキ・ヤマツツジ・コバイケイソウ・フタリシズカなどの花のほかに、初めて見るサクラドウダン・ドウダンツツジが縦走を一段と楽しむことができた。

    例会で聞く先輩たちの経験談は大変参考になる。今後に役立てていきたい。

    天気に恵まれ9時間半という歩行時間にもかかわらず、全員が無事に歩き終えることができました。尾根歩きは暑かったですが、時折吹く風が気持ちよかった。ドウダンツツジの群生に会い癒されました。ほかにバイケイソウ・タツナミソウ・マムシソウ等々。今回は予定の逆コース、声ヶ乢登山口から登りBコースから下山、第二駐車に下りたため、前日は傍の東屋に野営しました。満天の星、周りに遮る物がなく夏の星座が綺麗に見えました。広戸仙、滝山、那岐山の縦走を終え達成感でいっぱいでした。お世話を頂いたCL、SLの方々にお礼を申し上げます。

    Categories: 山楽山学クラブ

    コメントを残す