支部概要

    ■設立
    日本山岳会広島支部は、日本山岳会24番目の支部として1997年11月1日に設立しました。
    【支部会員数】188名(2013年3月17日現在)

    ■所属
    広島県山岳・スポーツクライミング連盟に加盟しています。

    ■日本山岳会の目的
    日本山岳会定款第3条には次のように記されております。
    「本会は、山岳に関する研究、知識の普及および健全な登山指導、奨励をなし、あわせて会員相互の連絡懇親をはかるとともに、登山を通じてあまねく体育、文化ならびに自然愛護の精神の高揚をはかることを目的とする。」

    公益社団法人日本山岳会は、山を愛する人々が集うクラブです。
    会員個々人のクラブライフを基盤として、山登りを通した社会貢献活動、自然保護活動あるいは文化活動などを幅広く行っています。そしてこれらの活動は、すべて会員の自主性に基づいたボランティアによって行われ、会の運営は会費によって賄われています。これからの地球環境に重きを置いた時代は、わたしたちの担うべき役割も多く、生涯にわたるクラブライフの楽しさを享受するだけに留まらず、未来に残す山および次世代のために、活動を続けています。

    ■広島支部の安全指針

    1.自然への畏れと謙虚さを持ち、自己責任で行動できる自立した登山者を目指す。
    2.自分の限界を自覚し、実力以上の山へ行かない。
    3.山行中は安全を最優先に行動し、決して無理をしない。
    4.登山の基礎の大切さを理解し、実践を通じて常に確認する。
    5.技術や知識は教えてもらうだけでなく、自ら学ぶ姿勢を持ち研鑽に励む。
    6.登山は危険が伴うことを常に意識し、事故防止のための勉強、トレーニングを怠らない。
    7.リーダーはパーティーの安全についての責任があることを深く自覚し、メンバーはリーダーの統率の元に行動し、勝手な行動を行ってはならない。

    ■組織体制

    〒732-0821 広島市南区大須賀町17-5 シャンボール広交203号
    TEL:082-569-6617 FAX:082-569-6618

    より大きな地図で (公社)日本山岳会広島支部ルーム を表示