【場所】二ノ原谷(十方山) 【撮影日】2017年6月18日 ユースクラブ6月例会【撮影日】2017/6/17【場所】白山 【撮影日】2017年5月5日 ユースクラブ5月例会【場所】白山 【撮影日】2017年5月5日 ユースクラブ5月例会【場所】矢筈ケ山から大山、三鈷峰方面を望む【撮影日】2017年2月19日 ユースクラブ2月例会 【場所】大堂海岸(高知県)  【撮影日】2016年12月31日   【撮影者】池本 喜浩【場所】雪彦山 地蔵岳正面壁東稜 【撮影日】2016年11月6日 【撮影者】池本 喜浩(ユースクラブ) 【場所】雪彦山 地蔵岳正面壁東稜 【撮影日】2016年11月6日 【撮影者】池本 喜浩(ユースクラブ)【場所】稲星山(九州)からの展望 【撮影日】2016年12月24日 【撮影者】田邊 文重【場所】トムラウシ山(北海道) 【撮影日】2016年8月17日 【撮影】日高 孝司【場所】八方尾根から白馬岳を望む 【撮影】井川 まり子【場所】北岳バットレス第4尾根(マッチ箱の頭からのラッペル)【撮影日】2016年8月8日【撮影】井川 一成【撮影日】2016/8/14【場所】小川山 烏帽子岩左稜線 11P目(5.7)を登攀中の田村、江角 【撮影者】池本 喜浩(ユースクラブ)【撮影日】2016/8/7 【場所】:大崩山祝子川 登攀中の勝田 【撮影者】:松浦(ユースクラブ) トムラウシ山遠望 【撮影】後藤 昭 【撮影日】2016年7月 【場所】白雲岳避難小屋近くから、これから正面のトムラウシ山を目指し、広い高根ヶ原を歩きます第2山行委員会7月例会<天狗尾根より立山連邦を望む>【撮影】眞田 幸雄 【撮影日】2016年7月24日【撮影日】2016/2/27 【撮影場所】大山 八合尾根 【撮影者】池本 喜浩(ユースクラブ) 【撮影日】2015/12/31 【撮影場所】丹沢山から富士山を望む 【撮影者】井川まり子【撮影日】2015/10/10 【撮影場所】大山から三瓶山方面を望む 【撮影者】池本喜浩【撮影日】2015/07/31 【撮影場所】金峰山から富士山を望む 【撮影者】井川まり子【撮影日】2015/07/26 【撮影場所】黒部五郎岳のカール【撮影者】日高 孝司【撮影日】2015/5/2~6 【場所】 燕岳・徳本峠縦走 【撮影】井川 一成 【撮影日】2015/3/8 【撮影場所】大山 【撮影者】池本 喜浩(ユースクラブ) 【撮影日】2015/3/8 【撮影場所】大山(弥山尾根)【撮影者】池本 喜浩(ユースクラブ) 【撮影日】2014/11/23 【撮影場所】根子岳(東峰)から天狗峰、阿蘇山を望む【撮影者】池本 喜浩(ユースクラブ) 【撮影日】2014/09/26 【撮影場所】涸沢 【撮影者】日高 孝司 【コメント】この絶景、感動しました撮影日:2014年8月15日 場所:剣岳・八ツ峰6峰Cフェース 撮影:池本 喜浩(ユースクラブ) 撮影日:2014年5月11日 場所:大山 撮影:井川 一成撮影日:2014年5月4日 場所:奥大日岳 撮影:井川 一成撮影日:2014年3月23日 場所:西穂高岳 撮影:井川 一成撮影日:2014年3月9日 場所:矢筈ヶ山 撮影:井川 一成

■ 最近の活動

  • 第2山行委員会6月例会<恐羅漢周辺>

  • ジュニアクラブ『第12回夏休み親子登山・キャンプ体験』

  • 第1山行委員会7月例会<常念岳~蝶ヶ岳>

登山講座

4.jpg自立した登山者の育成を目的として、基礎的な技術の習得を目指しています。
受講者募集中!
LinkIcon詳しく見る

LinkIconジュニア・ユース育成本部

0130_xlarge.jpgジュニアクラブ・中高クラブ・学生クラブ・ユースクラブの活動状況
一般会員募集中!
LinkIcon詳しく見る

LinkIcon募集! 山の写真

photo.gifあなたの写真をトップページに掲載します。LinkIcon詳しく見る

中央分水嶺踏査報告書

w526-411大佐山指示板.JPG創立100周年(2005年10月6日)の記念事業のひとつとして「中央分水嶺踏査」を実行しました。

国土地理院対応WG登山道調査

map.jpg登山道変化情報調査手続きが簡略化され、結果が地形図に反映されます。

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所

P1080528 (1).JPGさんけんブログと上高地山岳研究所の予約状況

日本山岳会イベント年間一覧表

P9220219-1.JPG公益事業、または、一般および日本山岳会会員全般を対象とした行事・事業等を記載しています。

■ 日本山岳会の活動 

公益社団法人日本山岳会は、山を愛する人々が集うクラブです。
1905年(明治38年)にわが国初の山岳クラブとして設立し、これまで100年にわたり日本の山岳活動を支え、2012年4月、社団法人から公益社団法人となりました。現在の会員数は、約5100名。全国に31の支部があり、会員個々人のクラブライフを基盤として、山登りを通した社会貢献活動、自然保護活動あるいは文化活動などを幅広く行っています。そしてこれらの活動は、すべて会員の自主性に基づいたボランティアによって行われ、会の運営は会費によって賄われています。これからの地球環境に重きを置いた時代は、わたしたちの担うべき役割も多く、生涯にわたるクラブライフの楽しさを享受するだけに留まらず、未来に残す山および次世代のために、活動を続けています。

■ アクセス

〒732-0821 広島市南区大須賀町17-5 シャンボール広交203号
TEL:082-569-6617 FAX:082-569-6618

より大きな地図で (公社)日本山岳会広島支部ルーム を表示

<English>

■ History and Activities of the Japanese Alpine Club

Japanese Alpine Club (JAC) is a club that people loves mountains.
It was established in 1905 as a first alpine club and also as a incorporated corporation in Japan, so its history will be almost 112 years.
Incorporated corporation was changed to public service corporation in 2012.
Number of club members is about 5,100 and there are 31 sections at present.
Our members are enjoying club life of mountaineering, climbing, skiing, etc. and contributing social and cultural activities such as nature conservation.
All activities are operated by member volunteers and club operations are also run by members basically.
Membership fee is 12,000 Japanese yen (about NZ$150) per year and admission fee is 20,000 Japanese yen (about NZ$240).
Our members are enjoying ourselves, but also making our efforts to maintain current nature beauty and nature conservation for future generation.

■ Access

Japanese Alpine Club
203 Hiroko Bldg. 17-5, Osuga-cho,
Minami-ku, Hiroshima city, 732-0821
Japan
TEL:082-569-6617 FAX:082-569-6618

より大きな地図で (公社)日本山岳会広島支部ルーム を表示